幸せになりたい山本さんの美容健康実験記録

科学的・医学的根拠がないものは信用できない美容健康オタクです。リサーチ大好き!人体実験大好き!

一番体調に変化を感じたオイルの重要性

今回はオイルの重要性と選び方についてです。

オイルは一番お金をかけるべきものですし、食生活のなかでも改善しやすい部分だと思います!

目次

 

まず避けるべき油・オメガ6

 

オメガ6脂肪酸は体内で作れない必須脂肪酸の一種。

代表的なものとしては、

大豆油・コーン油・菜種油・キャノーラ油などの食用油があります。

 

オメガ6の悪影響

オメガ6をとり過ぎると脂肪が増えやすい。

糖質が多い食事とオメガ6がセットになると、さらに肥満のスピードが上がる。

 

大量のオメガ6は体に炎症を起こし、人の免疫系にも悪影響があります。

それが原因でアレルギーが起きる人もいるそう。

また細胞内のウイルスへの抵抗もなくなって老化を進める可能性があるんです。

 

肝臓にもダメージを与える

大量のオメガ6は肝臓に酸化ストレスを与えて肝がんや肝硬変の発症率を高める恐れがあります。特にアルコールと同時にオメガ6を摂ると、さらにダメージが大きくなります

つまり、飲み会とかに行ってお酒飲みながらから揚げとか食べちゃったらヤバイんですね・・・

 

オメガ6は酸化しやすい

オメガ6はとにかく酸化ダメージに弱いんです。

酸化はアンチエイジングの大敵で全身に炎症を起こしてさまざまな問題の原因になります。

なかでも大豆油・コーン油・菜種油・キャノーラ油などの食用油は、高温の熱を加えて製造されているので、店頭に並ぶ時点でかなり酸化が進んでいるということなんですね

 

オメガ6の代わりに使うべき油

 

  • 高温の料理:パームオイル、精製ココナッツオイル、ギー、グラスフェッドバター
  • 低温の料理:オリーブオイル、ヴァージンココナッツオイル、ナッツ系の油
  • 加熱しない:アマニ油、フィッシュオイル

 

山本さんが料理に使っているのはオリーブオイルがメインで、たまに熱に強いココナッツオイルも使っています。

以前テレビの影響でアマに油や荏胡麻油が流行ったとき、それらを使ってたときもあったのですが、なんせ熱に弱いので加熱せずドレッシングとして食べるくらいしかなくてやめてしまったんですよね。

 

今は低温調理がメインなので(これもまた別で書きます)調理にもドレッシングにも仕上げにかけたりなど何でもオリーブオイルを使っています。

 

オリーブオイルはアンチエイジングオイル

オリーブオイルはポリフェノールが豊富で善玉コレステロールを増やす

心疾患のリスクがさがる

高血圧に効く

などなど色々な良い影響があるのですが、市販で売られているものにはあまり良くないものもあるそうです・・・

市販品の多くにオリーブオイル+大豆油やキャノーラ油などが加えられているものもあるそうなんです!!

 

ガーン・・前は適当にスーパーで買ってた・・・

 

基本としては、エキストラヴァージンオリーブオイル、そしてコールドプレスのものを選べばよいそうですが。

 

私はパレオな男さんのおすすめの、カークランドのオリーブオイルをずっと使っています。たくさん入っていて安いし、美味しいし、とても重宝しています。

 


【KIRKLANDカークランド】オーガニック エクストラ バージン オリーブオイル 2L 1825kg【ExtraVirginOliveOil】 【パスタ・イタリア・天ぷら】【調味油・調味料】【輸入食材 輸入食品】【コストコ通販】

本当にオイルに気を付けるようになってから体調がいいんですよね。

今ではこれが普通になってしまいましたけど、たまに外食すると次の日とかちょっと胃が痛いんですよ。。

前に書いたとおり私胃がもともと弱いので、たまに痛くなると、あー昔は毎日こんなに苦しい思いをしてたんだな・・ってちょっと感傷的になったりしてます(笑)

 

とにかくオイルってすごく大事。